桐花堂の鍼灸治療症例集

※施術の結果には個人差がございます。施術例は効果を完全に保証するものではなく、参考として掲載していることをご理解いただきますようお願いいたします。

不妊症に対する鍼灸治療例

39歳:生理痛の改善とともに自然妊娠

顔イラスト

生理の期間3日まで寝込んでしまうほどの強い生理痛があり、全身の状態としては、手足、腹部の冷えがあり、また、東洋医学的に瘀血(おけつ)の所見である下腹部のしこりが認められ、肩の強ばりや腰痛もありました。鍼灸治療は、週に1回の頻度で行い、1ヶ月目後の生理から、生理痛は軽減し、半年後、ほぼ生理痛は改善されます。また、継続するにつれて、手足の冷え、腹部の冷えが改善され、下腹部の緊張も消失していきます。ご本人も体調が良いことを実感していたようで、治療開始から10ヶ月後に、自然妊娠に至りました。

本ケースは、極度の冷えが、体の血流、骨盤内の血流を妨げ、子宮、卵巣の働きを抑制していたと考えられます。下腹部に瘀血反応と思われるしこりがありましたが、その瘀血が改善されたことで妊娠しやすい状態になったと思われます。

症状解説ページ »

二人目不妊の鍼灸治療例 Aさん 43歳

case01

二人目の妊娠を希望し、半年前から体外受精を数回行うも妊娠せず、卵子の質も悪く、数が取れないとのことでした。お体の状態としては、手足の冷えが強く、臍から下腹部に強い緊張がありました。治療は週に1回の頻度で行い、開始してから初めての生理で普段より出血量が増えたとのことです。これは腹部に鬱滞していた瘀血が出たと解釈することができます。

治療開始から2ヶ月後の体外受精で陽性反応が出ましたが、子宮外妊娠の疑いがあり、結果として化学流産されました。その後、流産後の子宮の回復を促す治療と、瘀血を出し切る治療を行い、手足の冷えも改善されます。ご本人も冷えが軽減されたとの自覚があるとのことでした。体質が改善したことで流産後2ヶ月してから体外受精を再開し、再開後3ヶ月で無事に妊娠することができました。年齢に加え、卵子の質や数から考えて難しい症例でしたが、妊娠することができ、担当の医師にも奇跡的だと喜ばれたそうです。

症状解説ページ »

43歳:結婚半年、流産2回、不育症で来院

case

もともと不育症の原因として多発性筋腫が考えられていましたが、医師から高齢ではあるが自然妊娠が全く不可能ではないとの診断を受け、鍼灸治療を希望され当院を受診されました。

診断と治療

東洋医学では脈診という診断方法があります。私の治療のポイントのひとつはこの脈診でどのタイプの脈が出ているかにより、治療の方針を変えていくことです。この方の場合、脈を診ると腎虚で、驚く事に多発性筋腫があるにも関わらず婦人科疾患での脈が出ていませんでした。

東洋医学では、腎は生殖能力と深く関係していると考えており、腎虚とはその働きの低下を意味します。そのため、治療を行う際は、腎と関連するつぼを選択し、補法という鍼やお灸の技術を用いていきます。

腎を補う治療の他に、手足と下腹部、臀部に冷えが強かったため、三陰交に灸頭鍼、足の足底穴への多層灸、腹部、臀部への灸頭鍼を温まるまでやりました。

経過・結果

この様なシンプルな治療を続ける事で次の生理に出血量が増え、25日だった生理周期が28日になったとの事でした。3カ月すると足と下腹部の冷えが改善されたので灸頭鍼から普通のお灸に戻し、臀部の次髎というツボへ10壮のお灸を加える様にしました※。治療を開始して半年間は妊娠の兆候がありませんでしたが、7カ月目に自然妊娠に至り、今季は流産もせず順調です。

この方の場合、年齢的なものや多発性筋腫をお持ちということで自然妊娠が難しいと思われましたが、身体年齢をリセット出来た事と子宮の状態を調えたことで妊娠に至ったと思われます。

※壮はお灸をカウントする時の数詞

症状解説ページ »

男性不妊の鍼灸治療例

case01

ご主人(32歳):検査の結果では精子量が少なく、自然妊娠の確率が低いと診断されたようで、20代に高熱をだした経験があり、他に腎盂炎、膀胱炎になったことがあるとのことです。また、生活スタイルとしては、残業が多く、多忙とのことでした。

奥様(30歳):虚弱体質、疲れやすい、やせ形、生理順調、パート勤務。

結婚3年目で妊娠の兆しがないとのことです。

経過

当初は奥様のみの治療を行い、3ヶ月間の鍼灸治療後より、ご主人も冷え症の治療として鍼灸治療開始。冷え症の治療に加え、生殖能力と関係する腎を補うことや、関元などの男性不妊に有効な経穴を使用しました。その後3ヶ月の鍼灸治療を行い難しいと言われていた自然妊娠をすることができました。

考察

東洋医学では、男性不妊は腎の働きを高めるとで改善すると考えられています。この症例のように、自然妊娠の確率が低くても、鍼灸で腎(生殖能力)を補う治療をしたことで、精子が活性化し、妊娠に至ったと考えられます。

症状解説ページ »

顔面神経麻痺に対する鍼灸治療例

60代女性 短期でほぼ完治した例

case01

 顔面神経麻痺の発症から7日目に当院に来院。完全麻痺で右顔面を動かすことができない状態でした。病院の医師からも気長に治していきましょうと言われたようです。

 1回目の治療後から数日して急に顔の動きがよくなり、2回目の来院時にはまだ不完全ながら口も目もよく動く状態になりました。一番動きが悪いと訴えていたのは額にしわを寄せることが難しいことでした。

 3回目の来院時には顔の表情をつくるのは問題がなくなり、額にしわを寄せることもできる状態になりました。患者さん本人の感覚では他の口や目よりも額はがんばって動かしている感じということでした。

 3回の鍼灸治療でほぼ完治しましたが、その後も唇の外端や目じりが突然ピクピクしたり、麻痺以外にも首・肩・背中のこりも強くあったので継続して治療し、半年程で治療を終えました。

 すべてのケースがこの症例のように順調にいくわけではありませんが、西洋医学の投薬治療と並行して鍼灸治療をすることで回復力をより高めることが期待できます。

症状解説ページ »

70代男性 長期間継続して回復した例

case02

 ハント症候群の発症から3ヶ月たってから来院。病院から処方される薬だけで治療を継続し、一向によくならないので鍼灸治療を選択されました。

 発症から3ヶ月たっても顔面のゆがみがひどく、目も開閉するのがスムーズではなく、病的共同運動も少しでている状態でした。鍼灸治療の開始から2ヶ月してようやく目を完全に閉じることができるようになり、3ヶ月程で口のゆがみがかなり改善し、喜んでおられました。かなり重度の顔面神経麻痺でしたので初診の時はどこまで改善できるかと思っていましたが、結果的には約1年間の治療で完全回復まではできなかったものの、口のゆがみはなくなり、目の開閉もかなりスムーズになりました。

 ハント症候群は治りが悪い症例が多いのですが、やはり発症からできるだけ早く鍼灸治療を開始することで回復力を少しでも高める可能性がでてくると思います。

症状解説ページ »

めまいに対する鍼灸治療例

鍼灸治療例:20代男性・慢性化した浮動性のめまい

1年前に発症後、たびたび立っていられないほどの強いめまいを繰り返し、初回の来院時にも職場で横になって休まなければいけないほどの状態になった後のようでした。発作的な強いめまいがおさまってもフワフワした感じが継続しているとのことです。肩甲骨内縁のとても強い凝りがあり、つらいともおっしゃっていました。

はじめは一週間に一度のペースで治療していましたが、治療開始から早くに症状の改善が見られたので、その後はめまい症状の前兆として耳の詰まった感じがしたり、首・肩の突っ張り感が強くなるとご来院になり、めまい発作が予防できています。

治療のポイント

ご本人の実感では、めまいの症状の出方は体調にも左右されるということでした。めまい症状の前兆として耳の裏側から首・肩にかけて詰まったり、突っ張ったような感じがすることが多くあります。鍼灸治療することでその詰まった感じや突っ張り感がやわらぐとめまい症状も治まっていきます。ポイントは耳周辺の患部だけを治療するのではなくて、首・肩・背中や耳に関連する手のツボなども一緒に治療することがとても大切になります。

症状解説ページ »

むずむず脚症候群に対する鍼灸治療例

重度のむずむず脚症候群 70代男性

むずむず脚

 脳出血の後遺症として左半身不随のある患者さんでしたが、重度のむずむず脚症候群という印象でした。一般的には夕方から朝まで症状がでやすいと説明されますが、一日中ひどい周期性四肢運動障害の症状に悩まされていると訴えていました。鍼灸治療している時も患者さんの意思とは関係なく脚がピクピクと動いてしまうのですが、それでも普段よりは軽減するとのことです。治療は筋肉の張りの強い大腿やふくらはぎ、そして脚とつながりのある臀部や腰部の筋肉も一緒に緩めることを心がけました。あとは、むずむず脚症候群の病気の本体とみられる脳内の神経伝達物質ドーパミンのことも意識して頭皮にも軽く針をしていました。

この治療例の患者様は、重度のむずむず脚症候群のため、完全に症状を抑えるまでには至りませんでしたが、患者様ご自身は治療によってかなり楽になり、夜も質の良い睡眠をとりやすくなっているということでした。

症状解説ページ »

寝違えの鍼灸治療例

Aさん 33歳 男性 自営業

寝違え

 首の下の部分から肩甲骨にかけての激痛があり、座っているだけでも辛いとのことでした。首に少しでも負荷がかかると痛み、寝たり起きたりする際のご自分の頭の重さを支えるのもままならない状態です。また、ドアを開けたりするような軽い動作時にも痛みが走るようでした。

症状の発生過程

 Aさんは子育てに積極的に参加されるお父さんのようで、ご本人の分析では、生後9ヶ月のお子さんに「高い高い」をやり過ぎたのが原因かもしれないとのことでした。普段のお仕事はほぼ一日中椅子に座ってパソコン作業をしたり、人と会うお仕事で、運動は全くしていないとのことです。発症する前の2週間は、普段よりパソコンを使用する時間が長く、首から腕にかけて疲れを感じていたようでした。

鍼灸治療

 実際に痛みの出ている場所は首から背中にかけてでしたが、腕の動きと背部の痛みが連動しているようなので、腕を観察してみました。すると、子育てやお仕事で酷使しているせいか、かなり強い筋緊張がみられます。そのため、治療は首だけでなく、腕全体の緊張緩和も行いました。また、首には強い炎症が起きていたので、炎症を抑える鍼灸の手法を用いて治療を行いました。

結果及び経過

 治療後に本人に軽く動いていただいたところ、ベッドからの寝起きや寝返り時にあった激痛が大幅に軽減され、通常通り動けるようになりました。ただ、痛みが100%なくなったわけではなく、首を動かす際の痛みはまだ残るため、2日後に再度治療を行うことで完治しました。

症状解説ページ »

関連記事
料金・時間

診療日・受付時間

受付時間

10:00~18:00

休診日

日・祝日・その他不定休

料金

1回目:7,000円

2回目より:5,000円

桐花堂の症例集

桐花堂で行っている鍼灸治療の症例をご紹介いたします。受診の際の参考にしてください。

詳細をみる »

桐花堂の鍼灸

桐花堂では、日本式の極細鍼と、ソフトなお灸を使った体に負担のないやさしい治療を行っています。

詳細を見る

アクセス・地図

新小岩駅から徒歩3分

住所:東京都葛飾区新小岩2-5-10 Google Map