薬に頼らない根本的な頭痛の治療法をお探しの方

頭痛イメージ

慢性的な頭痛により仕事や日常生活に様々な影響が出てしまう。

 長時間のパソコン作業なども誘因となり、現在、現役世代の方を中心に多くの方が慢性的な頭痛でお困りです。専門外来などを受診しても、原因がはっきりとすることが少なく、検査で異常のでないものは鎮痛薬などの対症療法を行いながらすごしていくしかありません。また、最近では頭痛薬の連用によって更に頭痛が強まってしまうタイプの頭痛も報告されております。そのため、お薬のみの治療に対してご不安な方も多くいらっしゃるようで、根本的な治療をお探しの方は多いと思います。

 当院では東洋医学の治療手段である鍼灸を用い、体質改善を通して根本的な改善をする治療を行っております。では、東洋医学ではどのように頭痛をとらえ、治療を行っているのでしょうか?

偏頭痛は頭部と手足の血流バランスの乱れからおこる

 偏頭痛は頭部の血管が拡張し、神経などに刺激が伝わることで起こるとされています。いいかえれば頭部の血流が過度になっており、血管に負担のかかっているような状態です。実はこの偏頭痛という病態は東洋医学の中でも存在し、当院で調査した古代の医学文献の中の「厥頭痛(けつずつう)」という種類の頭痛がそれにあたると考えております。

 この厥頭痛とは、簡単に言うと四肢末端への循環障害が原因で、頭の方に血が偏在している状態です。よく言われる「頭寒足熱」の逆の「頭熱足寒」の状態になります。末梢の循環が悪いため、行き場を失った血液が更に頭部の方へ集まり、その結果、頭の血管が拡張し、頭部全体に負担がかかり、頭痛を引き起こすと考えられるわけです。

頭部へ集中した血流を手足へ誘導し、血管の拡張を抑える。

頭部へ集中した血流を手足へ誘導し、血管の拡張を抑える。

 そのため、鍼灸治療のポイントは、手足の先の冷えやコリを温めほぐすことになります。逆に手足の循環改善を行わず、首や肩のこりへのみ鍼やお灸で刺激を行うと、血管が更に拡張し、頭痛を悪化させてしまうので注意が必要です。また、予防法としては、特に足の冷えを実感している方は、常日頃から冷やさないようにすることが効果的です。当院ではご希望の方には予防法として手足のツボへのお灸のやり方もお教えしております。

緊張型頭痛の場合は、首や肩の治療がメインになる。

緊張型頭痛の場合は、首や肩の治療がメインになる。

 緊張型頭痛の場合は、首や肩のこりを緩和していくことで改善することが多く、偏頭痛よりも比較的短期によくなっていくことが多いです。ただ、日常生活の中に首や肩のこりを誘発する原因がある場合は、再発することもあり、同じようにツボを使ったセルフケアをおすすめしています。

治療は全身のバランスを調えることが肝心。お困りの方はいつでもご相談下さい。

薬を使わない

鍼灸は薬を使わずに頭痛の治療が可能

 現代人だけが頭痛になるのではなく、古代の人達も頭痛に悩まされていました。当院では古代の人々の英知の結晶である鍼灸医学の古典籍を研究しつつ、治療にも活用しようと心がけています。

 当院の経験では、頭痛の治療は手足の循環改善や、首肩のこりなどを総合的に行うことでより効果的になります。頭痛が慢性化してなかなか治らない方や、体質改善をして根本的に治療をしたい方はいつでも当院へご相談下さい。

関連記事
料金・時間

診療日・受付時間

受付時間

10:00~18:00

休診日

日・祝日・その他不定休

料金

1回目:7,000円

2回目より:5,000円

桐花堂の症例集

桐花堂で行っている鍼灸治療の症例をご紹介いたします。受診の際の参考にしてください。

詳細をみる »

桐花堂の鍼灸

桐花堂では、日本式の極細鍼と、ソフトなお灸を使った体に負担のないやさしい治療を行っています。

詳細を見る

アクセス・地図

新小岩駅から徒歩3分

住所:東京都葛飾区新小岩2-5-10 Google Map