めまいへの鍼灸治療について

病院で耳鼻科を受診しても治らないめまい

めまいには回転性のものや、瞬間的に揺れるような感覚や、フワフワとした感じなど様々なタイプがございます。多くの場合は、初めて感じるめまいが最も強く、その後はフワフワとした感じや、首を動かしたり身体の向きを変えたときに瞬間的に起こるめまいへと移行し、慢性化していくことがあります。

この慢性化しためまいは、病院で検査しても異常がみられない事が多く、原因が不明確なため、耳鼻科にいくら通院しても良くならないケースもあるようです。

慢性化しためまいにも様々なタイプがある。

耳鼻科で治療が困難な慢性化しためまいにも様々なタイプがある。

当院では、急性期の嘔吐などを伴う激しい回転性のめまいではなく、急性期をすぎた後に続くめまい感の治療を専門的に行っております。器質的な問題の無い慢性化しためまいは、耳鼻科などの西洋医学では対処しきれない不定愁訴(ふていしゅうそ)とよばれるもののひとつですが、東洋医学の分野では治療対象となります。

当院では東洋医学の中の鍼灸を専門に行っておりますが、鍼灸の分野ではめまいをどのようにとらえ、どのようにして改善していくかを以下にご紹介致します。

当院が考えるめまいの原因と、その改善法について

自律神経の失調と調整

 脳などの具体的な異常が発見されないめまいは不定愁訴として扱われますが、この不定愁訴の原因として考えられているのが自律神経の異常です。

自律神経の調整に鍼灸は有効であるとされている。

自律神経の調整に鍼灸は有効であるとされている。

 鍼灸の作用のひとつとして、自律神経調整作用がございますが、自律神経の調節には全身的な治療が特に効果的であると考えられており、当院ではめまいの方でも耳や頚以外の手や足などへ鍼灸を行い、全身の状態を改善していきます。

手足の冷えを改善

 現代医学的にも血管を拡張したり、血液の循環をよくする薬を使用することが多いようですが、これは、血行がよくないと様々な症状を引き起こすと仮定されているからです。

 東洋医学では、この血行障害を部分的なものでなく、全体としてとらえていきます。例えば、めまいを発症される方の多くが、頭の重さや頭痛をお持ちですが、よく観察すると、手足の冷えや血行不良がある場合がございます。

 この状態を東洋医学的に「上実下虚」と解釈しています。上が過度に充実して下が不足(虚)しているという状態です。上下の循環がうまくいっていないのが上実下虚です。

当院ではめまい症状を解消するため、上実下虚や末梢の循環障害に対する治療も行います。

 頭の重さや頭痛も上実下虚の典型的な例になります。冷え性でのぼせる場合、上部の症状であるめまいや頭痛・頭重を不快に感じるでしょうが、実は足の冷え(下虚)があるために、めまい(上実)が引き起こされる、と東洋医学では捉えます。

 当院では、このような血行のバランスを調え、冷え症を改善する治療も同時に行っていきます。

首や肩の凝りを緩和

 脳や耳の検査で原因不明の場合は、首が原因で起こる頚性めまいを疑うべきだと思いますが、来院される患者様にお聞きしても、「脳」や「耳」の検査はしても「首(頚椎や頚筋)」の検査はしてもらっていないことが多いのが現状のようです。脳と耳の検査で原因がわからないと、首は疑われずに検査もされることもなく、すぐに心因性のものや、うつ病などと診断されることもあるようです。場合によっては依存性のある向精神薬を処方されてしまう方もいらっしゃいます。

 特に、脳が関わるめまいについては命の危険を伴うものが多いので、脳の検査は最優先されるべきだとは思いますが、それでも、その次の原因として頚性めまいを疑わない理由にはなりません。

首や肩のこりがめまいの原因となっているケースは多い。

首や肩のこりがめまいの原因となっているケースは多い。

 頚性めまいは、頚部の症状だけではなく、項部(うなじ)の痛み、肩こり、慢性頭痛や自律神経失調症などいろいろな症状を伴うことが多くあります。首や肩のこりがあるせいで、脳や内耳に栄養を送っている血管や神経が圧迫されてしまい、そのために血液循環障害になり、症状を引き起こすと考えられています。

 実は、いろいろな種類のめまいの中でも、頚性めまいは鍼灸治療がとても有効なもののひとつになります。当院で頚性めまいの治療の際に大切にしているのは、もちろん患部の首こり・肩こりを緩めて改善するのが原則ですが、首と肩の筋肉だけを緩めるだけでは元の悪い状態に戻りやすいので、首と肩の患部以外にも身体の状態に応じて腕や背中・腰なども一緒に治療することが多くあります。首こり・肩こりを引き起こす遠因が腕や背中・腰にもあるからです。

水分代謝異常(水毒)

 病気の本体は内耳の水ぶくれ状態(内リンパ水腫)ということもいわれており、東洋医学の考え方では水毒がこれにあたります。お医者さんが出す薬でも、例えばイソバイドなどの利尿剤は水を外に出すことを目的としているようです。漢方薬では五苓散などがこれにあたります。そのため、鍼灸でも水分代謝に関係する経穴(ツボ)へ治療を行います。

貧血と血虚

 貧血でめまいを発症することがございますが、東洋医学では血虚(けっきょ)という身体の状態がこれにあたり、現代医学的に数値的に貧血でない方の場合でも、血虚に対する治療を行うことで改善することがございます。ふわふわとした浮動性めまいがこれに該当します。血虚の治療は、胃腸の調子をととのえ、食べたものをしっかり吸収して血液に変える力を高める必要があります。そのため、血虚タイプの方は症状の改善に少し時間がかかることが多いです。

鍼灸治療例:20代男性・慢性化した浮動性のめまい

1年前に発症後、たびたび立っていられないほどの強いめまいを繰り返し、初回の来院時にも職場で横になって休まなければいけないほどの状態になった後のようでした。発作的な強いめまいがおさまってもフワフワした感じが継続しているとのことです。肩甲骨内縁のとても強い凝りがあり、つらいともおっしゃっていました。

はじめは一週間に一度のペースで治療していましたが、治療開始から早くに症状の改善が見られたので、その後はめまい症状の前兆として耳の詰まった感じがしたり、首・肩の突っ張り感が強くなるとご来院になり、めまい発作が予防できています。

治療のポイント

ご本人の実感では、めまいの症状の出方は体調にも左右されるということでした。めまい症状の前兆として耳の裏側から首・肩にかけて詰まったり、突っ張ったような感じがすることが多くあります。鍼灸治療することでその詰まった感じや突っ張り感がやわらぐとめまい症状も治まっていきます。ポイントは耳周辺の患部だけを治療するのではなくて、首・肩・背中や耳に関連する手のツボなども一緒に治療することがとても大切になります。

______

※施術の結果には個人差がございます。施術例は効果を完全に保証するものではなく、参考として掲載していることをご理解いただきますようお願いいたします。

日本式の細い鍼のみを使用しております

日本式の繊細な鍼の操作には高い技術が要求される。

 当院では中国式や韓国式の粗い鍼を採用せず、日本式の繊細に作られた鍼を使用するので痛みを最小限に抑えることができるので安心です。また、使い捨てタイプの安全な鍼も使用しています。

治療にかかる費用と期間について

費用

初回 7,000円(初診料+鍼灸治療の合計)

二回目から 5,000円(鍼灸治療)

鍼灸治療の頻度や期間は?

 発症したてで、正常な生活がほぼ行えない程度の強い症状がある方は、週に2回程度の頻度で、4~6回程度の治療を行うことが多いです。

 発症直後の場合は、週に2回程度の頻度であまり間隔をあけずに治療を行うことをおすすめしています。症状が慢性化している場合は、週に1回程度の治療を行います。治療期間は様々ですが、順調にいった場合で1ヶ月半から2ヶ月程度で改善されていくことがほとんどです。

早めの治療が効果的です。いつでもご相談ください。

 何が原因でめまいを起こしているのか病院で検査をしても、とくに異常が見つからないという方はほんとうに多くいらっしゃいます。「まためまいが起こったら…」と不安な気持ちになるので、家に引きこもりがちになってしまっていたということもよく言われます。

 自律神経や首の凝りや、循環障害など、めまいには様々な原因があり、それらを複合的に治療していくことが重要です。また、どのような症状でもそうですが、時間が経つほど治療が難しくなる傾向にもあります。当院では、治療そのものが負担にならないよう、できるだけソフトな刺激で治療を行っておりますので、めまい症状でお困りの方は安心していつでもお電話または以下のメールフォームよりご相談ください。

鍼灸師・めまい担当 蛭子喜隆
関連記事
料金・時間

診療日・受付時間

受付時間

10:00~18:00

休診日

日・祝日・その他不定休

料金

1回目:7,000円

2回目より:5,000円

桐花堂の症例集

桐花堂で行っている鍼灸治療の症例をご紹介いたします。受診の際の参考にしてください。

詳細をみる »

桐花堂の鍼灸

桐花堂では、日本式の極細鍼と、ソフトなお灸を使った体に負担のないやさしい治療を行っています。

詳細を見る

アクセス・地図

新小岩駅から徒歩3分

住所:東京都葛飾区新小岩2-5-10 Google Map