頚椎症によるしびれや痛みには鍼灸が効果的

変形性のものや手術を勧められている場合でもご相談ください

蛭子副院長

当院では、頚椎症に対して様々な角度から治療を行っており、変形性のものであっても適切なケアをすることで症状がほとんどでなくなることもございます。また、手術を勧められている場合でも、当院で行う鍼灸治療で改善することもございますので、お悩みの方はいつでもご相談下さい。

副院長 蛭子喜隆

頚椎症とは

 頚椎は、重さ5kg以上もある頭を支えるだけではなく、頭を前に倒す・後ろに反る・横に倒す・ぐるぐる回すなどの動作にと関係し、とても負担がかかりやすい部位でもあります。また、頚椎の中央に脊髄という神経幹が通っていて、その脊髄から枝分かれした神経が肩・背中や腕などへつながっている大変重要な場所です。

頚椎症によって出現する様々なつらい症状

頚椎症によって出現する様々なつらい症状

 頚椎症は、脊髄から枝分かれした神経または脊髄そのものが圧迫を受けることで首・肩背・腕の痛み、手指のしびれや感覚鈍麻などの症状がでてしまいます。日常生活では首を後ろに反らせると痛みが増強することが多く、うがいをしたり、上を向いたりする動作がしにくくなります。

 ひとことで頚椎症と言っても、いろいろな症状の出方があります。左右のどちらかの片側のみ神経根症状がでているタイプを「頚椎症性神経根症」と呼び、両手足のしびれや痛み、歩行障害や排尿障害などの脊髄症状がでているタイプを「頚椎症性脊髄症」と呼びます。診断を確定するためには、MRIやCT検査をする必要があります。

主な原因

 頚椎症の原因はおもに二つのタイプがあります。ひとつめは、加齢による椎間板と頚椎の異常による変形性の頚椎症であり、ふたつめは、スポーツ障害や追突事故による外傷性の頚椎症です。

変形性のもの

 加齢に伴って頚椎に骨棘(こつきょく)と呼ばれるトゲ状の突起ができてしまい、その突起が脊髄や神経根を圧迫することで頚椎症が引き起こされます。このような、頚椎の骨棘の突起によって起こる頚椎症のタイプを「変形性頚椎症」と呼んでいます。また、頚椎と頚椎の間にあってクッションの役割を果たしている椎間板の老化が関係することもあります。

外傷性のもの

 スポーツ障害や追突事故によって頚椎症が引き起こされます。スポーツ障害や追突事故などの外傷性の衝撃によって頚椎のズレや変形を起こすことで頚椎症を発症します。

長時間の同じ姿勢でいることも大きな原因に

長時間連続してパソコンを使用することも原因のひつとに

長時間連続してパソコンを使用することも原因のひつとに

 長時間同じ姿勢でいることも頚椎症の大きな原因となります。例えば、長時間のデスクワークは首や肩の筋緊張を起こし、それが長期間続くことで頚椎や椎間板への負担が蓄積し、ついには頚椎症を発症してしまうことになります。そのため、頚椎症は中高年以降に発症することが多くなります。

 デスクワークが長引きそうな時は、最低でも1時間に1回は短い時間でもよいので休憩を取るか、休憩が取れない場合は とりあえず席を立ち、その場で軽いストレッチ等をして仕事に戻るようにしましょう。頚椎症は仕事の効率を大幅に下げてしまいますので、より効率的に働くためにも休息は大変重要です。

頚椎症の鍼灸治療

 頚椎症の症状の出方は首だけではなく肩背部や腕などにもあらわれます。肩、肩甲骨まわりや上腕部などの筋肉が強く緊張し、痛みやしびれがでることも多くあり、一度頚椎症になってしまうと、症状が次々と増えていってしまいます。

 針灸治療を行う場合は、首まわりの筋肉を緩めることで頚椎への負担を軽減することが大切なポイントになります。首まわりの筋肉を緩めることで血行も改善し、筋肉の柔軟性もよくなり、頚椎への負担の軽減されます。実際の治療では、針を刺すだけではなく、お灸の温熱効果もあわせることで相乗効果をもたらします。

桐花堂方式の頚椎症治療

桐花堂方式の頚椎症治療

 当院の頚椎症の治療の特徴は、頚椎まわりの筋緊張だけでなく胸椎や腰椎まわりの筋緊張や手・腕などのツボも治療のポイントとして重視していることです。背骨は頚椎・胸椎・腰椎とつながっていて、お互いに関連して影響しあっています。頚椎症だからといって首だけが問題であることは少なく、全体のバランスが悪い場合は肩背部や腰なども一緒に治療します。

予防法やセルフケアの方法をアドバイスいたします

 当院では、通院での鍼灸治療の他に、セルフケアや予防の方法のアドバイスもしております。姿勢やストレッチ、自宅で出来るお灸を使ったケアなどございますので、来院時にはお気軽にご相談下さい。

姿勢について

 パソコン作業のデスクワークはもちろんですが、自宅でテレビを見る時であっても、ついつい前傾姿勢になりがちです。そうなると首の負担が大きくなってしまいます。首に負担のかかる姿勢を長時間続けてしまうと首まわりの筋肉は緊張し、頚椎のトラブルへとつながっていきます。

 頚椎症の予防や症状の軽減をするためには、ふだんから意識して正しい姿勢をキープすることが大切になります。正しい姿勢を意識して実践することで首こりやストレートネックの改善はもちろん変形性頚椎症を予防することにもつながります。

 パソコン使用時に正しい姿勢をキープするには、モニタの位置の調整が重要です。モニタは背筋を伸ばした状態で、首を前に傾けないでも楽に見える高さに調整しましょう。ノートパソコンをご使用の方は、デスクでの使用には向きませんので、外付けのキーボードを使用し、デスク上で使えるノートパソコンラックなどに載せて高さを調節することをおすすめします。

ストレッチ・お灸

 また、首のストレッチをすることも筋肉の緊張を緩めるのに効果的です。ゆっくりと首を動かすストレッチを心がけて、首を前後左右に倒して気持ちのよい所で10秒程キープしてあげると筋肉を効率よく緩めることができます。首をまわすにしても、勢いをつけたりはせずにゆっくり動かしてあげることが大切なポイントになります。

 首・肩こりがひどい場合は、筋肉の緊張を改善するために温めたタオルやお灸などを使うこともお勧めです。温熱効果によって首の筋肉の緊張を緩めて血行をよくすることで改善します。

適切なケアを早期から行って手術を回避する

 変形性頚椎症があっても上手にケアすることでほとんど症状がでない方もいらっしゃいます。重度の頚椎症になってしまうと手術を勧められるようになってしまうので早めのケアや早くから治療をはじめることで症状の改善が期待できます。

 繰り返しになりますが、頚椎症があっても日常生活で正しい姿勢を意識することや筋肉の緊張を緩めるケアを心がけることで症状を抑えながら上手につき合っていくことができます。鍼灸治療がその一助となれば嬉しいと思っています。

関連記事
料金・時間

診療日・受付時間

受付時間

10:00~18:00

休診日

日・祝日・その他不定休

料金

1回目:7,000円

2回目より:5,000円

桐花堂の症例集

桐花堂で行っている鍼灸治療の症例をご紹介いたします。受診の際の参考にしてください。

詳細をみる »

桐花堂の鍼灸

桐花堂では、日本式の極細鍼と、ソフトなお灸を使った体に負担のないやさしい治療を行っています。

詳細を見る

アクセス・地図

新小岩駅から徒歩3分

住所:東京都葛飾区新小岩2-5-10 Google Map