顔面痙攣の治療はリスクの少ない鍼灸から試すべき

 顔面痙攣(けいれん)とは、自分の意志に関係なく顔の左右いずれか片側がピクピクと動いてしまう症状です。自分の意志に関係なく動いてしまうもので不随意運動と呼ばれます。

 最初は目のまわり、特にまぶたがピクピクすることが多く、だんだんと額や頬、口、首などへ範囲が広がっていきます。初期はたまにピクピクする程度だったものが症状が進行すると頻繁にけいれんが出るようになり、睡眠中にも出る場合があります。

顔面痙攣

症状の頻度が増加したり、範囲が拡大するケースも

 症状がひどくなると日常生活にも支障がでてしまいます。例えば、車の運転中に急に目が閉じてしまうと大変危険ですし、飲み物を飲んでいる時に口のけいれんでうまく閉じることができなければ飲み物をこぼしてしまうことになります。また睡眠中の顔面けいれんは睡眠の質を低下させてしまいます。

物理的な原因である場合と、自律神経的な問題の場合

検査は必須

原因は様々なので病院での検査が必須

 顔面部のけいれんは、神経がその周囲の脳の血管に物理的に圧迫されることで起こるとされています。稀に脳腫瘍や脳動脈瘤があることで顔面神経を圧迫するために顔面けいれんを引き起こすケースもあるので、先に病院でのMRI検査が必要です。

 一方で、原因となる疾患や、物理的な要因がないにも関わらず顔面がけいれんする場合もございます。一般的にはストレスや疲労によって、自律神経のバランスが崩れたために発症すると考えられています。

現代医学的な治療

 病院などで行われる治療には、投薬治療(精神安定剤など)、ボツリヌス毒素治療、外科手術による微小血管神経減圧術などがあるようです。投薬治療はあまり効果が出ないケースもあるようで、ボツリヌス毒素療法ではその効果は3~4ヶ月ほどであり、効果の持続性が低いのが問題になります。

効果とリスク

治療効果だけでなくリスクもよく考えて選択する

 また、原因がはっきりと確定できている場合の外科手術は根本的な治療といえる一方、リスクがゼロではなく、合併症としては難聴や顔面神経麻痺を発症する可能性もございます。そのため、精神的にはハードルが高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

リスクを伴う治療を選択する前に、安全な鍼灸治療を試す

 現代医学的なリスクを伴う治療を行って効果が出ればそれでよいのですが、効果が得られない場合は、今苦しんでいる顔面痙攣の他に、更に副作用や術後合併症が加わってしまうだけになってしまいます。

安全

鍼灸は安全な治療法

 そのため、外科手術などで急を要する場合は別として、まずは鍼灸などの安全な治療を行って経過をみていくべきだと感じております。

 顔面けいれんは、患側に顔面の筋肉の過度な緊張が出ている場合が多いので、筋肉の過緊張を緩和するのに効果的なツボを選んで針と灸を施します。その際、一緒に首や肩まわりの緊張も緩めることが大切なポイントになります。

全身治療

患部だけでなく全身をみる

 また、疲労や精神的な緊張なども原因となるため、顔だけでなく、全身の緊張を緩和し、自律神経のバランス調えていきます。睡眠障害のある方の場合は、よく眠られるようになることが治療効果を挙げることにつながるケースが多いので、鍼灸治療を行うにあたっては、睡眠の状態もお伺いして、治療するようにしております。

 特に、仕事の時だけ症状がでて、休日にはほとんど症状がでない方などは、鍼灸で緊張を緩和し、自律神経のバランスを整えることで、顔面けいれんの症状を抑えられるケースが少なくありません。

 当院では、顔面痙攣でお困りの方々の、治療にともなうリスクをできるだけ回避できるようにご協力できたらと思っております。

関連記事

現在関連する記事はございません。

料金・時間

診療日・受付時間

受付時間

10:00~18:00

休診日

日・祝日・その他不定休

料金

1回目:7,000円

2回目より:5,000円

桐花堂の症例集

桐花堂で行っている鍼灸治療の症例をご紹介いたします。受診の際の参考にしてください。

詳細をみる »

桐花堂の鍼灸

桐花堂では、日本式の極細鍼と、ソフトなお灸を使った体に負担のないやさしい治療を行っています。

詳細を見る

アクセス・地図

新小岩駅から徒歩3分

住所:東京都葛飾区新小岩2-5-10 Google Map