男性不妊の鍼灸治療例とお灸のツボ

最近、不妊でお悩みのご夫婦のなかには、男性の因子が原因という症例が増えており、医師によっては、不妊治療の最初にご夫婦での検査をすすめているようです。不妊治療を始めるにあたって、男女両方の検査を行うことは大変重要なことです。

男性不妊の検査は主に泌尿器科的な検査と、精子の質を見る検査とがありますが、精子の正常値は以下のようになっており、この数字より悪いと妊娠確率は低くなるようです。

精子の正常値。特に器質的な異常がない場合は、男性不妊も鍼灸治療の適応になると考えています。

精子の正常値。特に器質的な異常がない場合は、男性不妊も鍼灸治療の適応になると考えています。

男性不妊の原因も様々ですが、今回は機能性の男性不妊の鍼灸治療例をご紹介いたします。

男性不妊の鍼灸治療例

case01

・ご主人(32歳):検査の結果では精子量が少なく、自然妊娠の確率が低いと診断されたようで、20代に高熱をだした経験があり、他に腎盂炎、膀胱炎になったことがあるとのことです。また、生活スタイルとしては、残業が多く、多忙とのことでした。

・奥様(30歳):虚弱体質、疲れやすい、やせ形、生理順調、パート勤務。

結婚3年目で妊娠の兆しがないとのことです。

経過

当初は奥様のみの治療を行い、3ヶ月間の鍼灸治療後より、ご主人も冷え症の治療として鍼灸治療開始。冷え症の治療に加え、生殖能力と関係する腎を補うことや、関元などの男性不妊に有効な経穴を使用しました。その後3ヶ月の鍼灸治療を行い難しいと言われていた自然妊娠をすることができました。

考察

東洋医学では、男性不妊は腎の働きを高めるとで改善すると考えられています。この症例のように、自然妊娠の確率が低くても、鍼灸で腎(生殖能力)を補う治療をしたことで、精子が活性化し、妊娠に至ったと考えられます。

自然姙娠の可能性がゼロでない限りは決してあきらめず、ご夫婦で鍼灸治療をされるのも効果的です。また、男性の場合は仕事などの都合で治療院へ通いづらいことが多いので、ご自宅でのお灸指導も行います。以下にツボの場所をご紹介いたしますので、せんねん灸などの市販のお灸でお試し下さい。

______

※施術の結果には個人差がございます。施術例は効果を完全に保証するものではなく、参考として掲載していることをご理解いただきますようお願いいたします。

男性不妊のお灸のツボ

関元

関元は男性不妊の鍼灸治療でよく用いられます。

太溪

太溪は東洋医学的に生殖昨日と関係の深い腎の治療ツボです。

また、桐花堂では男性と女性鍼灸師がおりますので、ご夫婦で同じ時間で治療をされることも可能です。休日の有意義な使い方も出来ますので、ご相談ください。

関連記事
料金・時間

診療日・受付時間

受付時間

10:00~18:00

休診日

日・祝日・その他不定休

料金

1回目:7,000円

2回目より:5,000円

桐花堂の症例集

桐花堂で行っている鍼灸治療の症例をご紹介いたします。受診の際の参考にしてください。

詳細をみる »

桐花堂の鍼灸

桐花堂では、日本式の極細鍼と、ソフトなお灸を使った体に負担のないやさしい治療を行っています。

詳細を見る

アクセス・地図

新小岩駅から徒歩3分

住所:東京都葛飾区新小岩2-5-10 Google Map