鍼灸とアンチエイジング


今年は 1月4日のあさイチで「東洋医学で 1 年を元氣に!」という特集が組まれたり、東洋医学への関心が高まりそうな 1 年の始まりです。

私の今年の 1 年のテーマは「子宝の鍼」と「鍼灸で緩やかに歳をとる」です。子宝は長年、不妊治療に関わらせて頂きまして、やはり身体を作って妊娠へ向かう大切さを痛感させられる毎日なのです。

身体を作るとは?例えば日々の自宅灸、食事、睡眠、運動など、当たり前の事をコツコツと積み重ねる事が大きな変化へ導くものなのです。なかでも、昨年の症例から自宅灸の重要性を感じています。お灸のツボなどご指導させて頂きますので、ご質問などお気軽にメールください。

そして、もう一つのテーマ、「緩やかに歳をとる」とは私自身の事でもあります。今年は年女で更年期に入り始めました。昨年から動悸や不安感、体力の衰え、イライラ、生理不順など更年期の症状を感じ始めています。でも、私は自分で治療が出来るので今は漢方薬と鍼灸で乗り切ってみようと思っています。また、

歳を取るということは外見の変化という事も大きく関わります。最近、自分と同じ世代の女優さんも劣化したなどとネットにかき立てられて、とてもショックでした。でも、歳をとってもあまり劣化しない方も沢山いらっしゃります。それそこが「緩やかに歳を取る」ということなのだと思います。鍼灸は身体年齢を若返らせることが出来る治療だと思います。それこそが腎を補うという事です。

リアル更年期の様子をブログにもアップしていきたいと思います。

是非、ご期待下さい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)