五十肩に鍼灸治療が効果的な理由

ちょっとした動きで激痛が走ったり、関節が固まるような症状が出ることも。

五十肩の症状

 五十肩は50歳前後で発症することが多いのでそう呼ばれていますが、肩関節周囲炎が正式な症状名です。

 初期症状は軽いことが多く、まず肩が動かしにくくなったり、鈍痛を感じることで始まり、徐々に肩の動きが制限され、鈍痛から激痛へと重症化していきます。静止時にも痛みが走ったり、夜間痛で不眠になることもあるようです。また、衣服を着る・髪をとかす・洗濯物を干すといった普段何気なくやってきた日常生活にも支障がでてきます。ゴルフ等の肩の関節を大きく動かすスポーツが趣味の方も、五十肩が原因でしばらくできなくなってしまいます。

 基本的には治るまで時間のかかることの多い症状ですが、慢性化すると1年以上も続くこともあり、初期症状が出ている段階で悪化を防いだり、症状の改善を早める治療を行わなければなりません。

五十肩に鍼灸が効果的な理由

 一般的な治療としては、病院などで温熱療法や電気治療が行われ、症状によっては注射なども行われるようです。当院では、鍼灸を用いた五十肩の治療を行っておりますが、一般的な治療でなかなか改善しない場合でも効果的です。鍼灸治療自体まだ一般的ではないので、なぜ鍼灸が効果的なのを以下にご説明いたします。

三大効果画像

五十肩治療の要となる三大効果

 まず、五十肩の状態を考えてみると、肩関節周囲炎という症状名からもわかる通り、なんらかの炎症が起きていることがわかります。また、肩を動かす際、関節以外にも筋肉の緊張などによって運動制限が起こることもあります。鍼灸には抗炎症・循環改善・筋緊張の緩和などの作用があり、この3つは五十肩の治療にはなくてはならないものです。

 さらに、鍼灸には薬などと違い、症状の個人差や変化に対処できるという利点があります。同じ五十肩でも、人によって痛みの出る部位や、運動制限のおこり方が異なります。その上、時間の経過とともに痛みの出る場所が変化していくこともあるため、それぞれの方の状態に合わせて治療を行う必要がございます。つまり、誰にでも同じ治療を続けるのではなく、毎回症状をお聞きしながら、実際に患部に触れ、細かい所まで痛みや緊張の部位を確認しながら治療を変化させて行うことが重要になるわけです。

肩関節だけでなく広い範囲でみていく

範囲

関連部位へ広範囲の治療を行うことが当院の特長です。

 私の個人的な経験では、五十肩は肩関節だけでなく、その関連領域へ広範囲に鍼や灸を行うとより効果があがります。肩の治療の場合、通常は肩関節のみへ鍼刺激が行われますが、多くの方を観察させていただいた所、ほとんどのケースで肘から手首辺りまでの張りや、頚部から肩甲骨にかけての筋緊張がみられます。

 それらの部位は解剖学的にみても関連していると考えられ、実際の所、患部だけの鍼灸よりも周辺部位への治療を併用するとより効果が得られます。また、五十肩の治療には「運動鍼」という特殊な方法が有効なことがあり、痛みや可動域の改善が期待できます。

関連記事
料金・時間

診療日・受付時間

受付時間

10:00~18:00

休診日

日・祝日・その他不定休

料金

1回目:7,000円

2回目より:5,000円

桐花堂の症例集

桐花堂で行っている鍼灸治療の症例をご紹介いたします。受診の際の参考にしてください。

詳細をみる »

桐花堂の鍼灸

桐花堂では、日本式の極細鍼と、ソフトなお灸を使った体に負担のないやさしい治療を行っています。

詳細を見る

アクセス・地図

新小岩駅から徒歩3分

住所:東京都葛飾区新小岩2-5-10 Google Map